リレーの最終走者を「アンカー」と呼ぶのは何故?
リレー

陸上競技のリレーで、最後に走る選手のことを「アンカー」と呼びます。
これは、何故なのでしょうか?

実は、「アンカー」というのは、かつてオリンピックの正式種目だったこともある「綱引き」で使われていた用語です。
綱引きでは、綱を相手にもっていかれないように踏ん張る役割の選手のことを、船の錨(いかり)に見立ててアンカーと呼びました。

このアンカー役の人には、そのチームの中で最も体重が重い選手が選ばれ、唯一、ロープを肩にかけることが許されていました。

そして、この綱引きの「アンカー」が、後にほかの競技にも使われるようになり、リレーの最終走者のことをもアンカーと呼ぶようになったのです。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「よんどころない」の語源は?
(今ここ)リレーの最終走者を「アンカー」と呼ぶのは何故?
「ワリカン」を考えたのは、あの有名人だった?
「太刀魚(タチウオ)」の語源は、立って泳ぐという意味の「立魚」から?
爪楊枝のミゾは、何のためにある?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)