お札に人物像が使われるのは何故?
お札 紙幣

どんなに精巧に作られたものでもバレてしまうニセ札ですが、その判定に一役買っているのが、お札に印刷された人物像です。

お札に人物像が使われる理由は、いくつかあります。
まずひとつは、権力をもっていた国王などが、その力を誇示(こじ)するために自分の肖像(しょうぞう)を使うようになったというものです。
イギリスのエリザベス2世像がその代表例です。

ふたつ目は、人物像というのは、確実にマネすることが困難であるという点で、どんなに精密に作られていたとしても、ニセ物であるかどうかの判断がしやすいためです。

3つ目は、金種が区別しやすいというものです。
お札の人物像というのは、その国のヒーローであったり、象徴であったり、有名な文化人だったりしますが、それぞれ多くの人が親愛感をもっています。
日本であれば、野口英世ならば千円札、福沢諭吉ならば1万円札とすぐに頭に浮かんできて、金額が容易に分かり、親しみやすいということです。

ちなみに、お札の原価がどのくらいかご存知ですか?
1万円札が約22円、5千円札が約20円、千円札が約14円です。

詳しくは、以下の記事をご参照ください。

お札の原価はどのくらい? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-365.html
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
超高層ビルの最上階には、振り子がある?
白色と昼白色の違いは?
「散太鼓」とは、どんな太鼓?
電子レンジは、溶けたキャンディーから生まれた?-偶然が生んだ大発明
「釈迦の十大弟子」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告