千羽鶴のいわれは?
千羽鶴

病人の回復などを祈って、千羽鶴が折られますが、これにはどのようないわれがあるのでしょうか?
「鶴」などの折り紙は、室町時代に遊びとして生まれ、江戸時代に一般庶民の間に広がっていきました。

千羽鶴は「鶴は千年、亀は万年」と言われ、長寿の象徴であることから、一羽一羽鶴を折るたびに寿命が延びると考えられ、この頃に始まったものとされています。

1797年(寛政9年)には、三重県桑名市の長円寺住職、魯縞庵義道(ろこうあんぎどう)(1759~1834)が『秘傳千羽鶴折形(ひでんせんばづるおりかた)』を出版し、一枚の紙に切り込みを入れ、連なった鶴を作る方法を紹介しています。

参考にしたサイト
千羽鶴を折るいわれは?-教えて!goo
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=482109&rev=1
『秘傳千羽鶴折形』つなぎ鶴ファイル
http://www.cis.doshisha.ac.jp/tfukuda/miyabi/topics2.html
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
東京タワーは何でできている?-戦車の鉄でできていた
「浦島太郎」の主人公が助けたカメは、アカウミガメのメス?
うどんとそば、カロリーが低いのはどっち?
ファックスは、何故電話回線で送れる?
1億円の重さはどのくらい?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告