ゴルフのスコアに、「鳥」の言葉が使われるのは何故?
ゴルフ

ゴルフのスコア用語として、最初に「」が使われたのは、1903年(明治36年)のことです。

それまで誰もなしえなかった、ロングホールのバー(標準打数)が破られたとき、打たれたボールがまるで鳥が飛んでいるように見えたというエピソードから、バーよりも1打少ないスコアは、英語の幼児語で小鳥を意味する「バーディー」と呼ばれるようになりました。

その後、バーよりも2打少ないスコアが出たときは、小鳥よりも強い鷲(わし)を意味する「イーグル」と、そして3打少ないアコアが出たときは、ずば抜けた飛行力をもつアホウドリを意味する「アルバトロス」と呼ばれるようになりました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
海苔を売る店で、お茶も扱っているのは何故?
「ナポレオン・コンプレックス」とは?
約100万年後、琵琶湖は日本海とくっついてしまう?
初夢に見ると縁起が良いとされる「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび」は、六まで続く?
カニクリームコロッケは、何故丸に似た形?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告