魚は性転換するって本当?
クマノミ

人間は、「男」と「女」の2種類に大別できます。
そして、この両者の間には、越えられない高い壁が存在します。
しかしながら、これはすべての生物に当てはまるというわけではないようです。

魚類は、なんと、その約8割が性転換します。
特に、珊瑚礁(さんごしょう)に棲(す)むは、その傾向が顕著(けんちょ)で、300種類以上もの魚が性転換するようです。

たとえば、映画「ファインディング・ニモ(Finding Nemo)」で有名なカクレクマノミも、性転換する魚のひとつです。

群れをつくるクマノミ類は、最も大きな固体がメスとなり、2位がオスとなり、3位以下は性別すらありません。
そして、1位のメスがいなくなると、2位のオスがメスになります。

そのため、クマノミ類においては、母親不在の状況は本来あり得ません。
その場合は、父親が母親に性転換するのですから…。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
8本足の「タコイカ」はタコ? それともイカ?
ピサの斜塔は、最初から傾いていた?
ローマは、鉛によって滅んだ?
金魚も鳴く?
「Google電卓」には、人生の答えがある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告