病院の手術室には、こんな”仕掛け”が隠されていた?
手術室

病院といえば、白衣、白い建物、白い壁、白いベッドと、白ずくめの世界と思いがちです。
が実は、手術室だけは例外なのです。
手術室には、ちょっとした色のトリックが隠されていることを、あなたはご存知ですか?

今から60年以上も前のことです。
ニューヨークのある外科医が、手術をすると、目がひどく疲れることが気になりました。
また、何かの拍子に手術室の壁に目がいくと、光が反射してまぶしい。
さらに、その白い壁に青緑色のシミが見えてくる。

不安にな駆(か)られたその外科医が、色彩専門家のところへ行って相談すると、それは目の異常なのではなく、「色残像」あるいは「色対比」といわれる現象のせいであることが分かりました。

色残像とは、たとえば、黒いものを見つめていると、人間の網膜(もうまく)が疲労し、反対色が浮かんでくる現象です。

ここでいう反対色というのは、白←→黒、赤←→緑といった、光の補色関係(その色どうしが組み合わさると、白くなる関係)のことをいいます。

つまり、手術の際、血液の赤色ばかりを見ていた医者の目に、青緑色の残像がうつったというわけです。

試しに、下の赤いマルの中心にある黒い点を20秒ほど見たあと、その右側にある黒い点に視線を移してみてください。
緑っぽい残像が見えると思います。

残像 効果

その後手術室の壁の色も手術着の色も、みな白から青緑色に変えられたことで、外科医の気にしていた色残像はなくなり、また、壁や白衣に光が反射してまぶしかった悩みも解消されました。

この青緑色の手術着は、多くの病院で採用されることになりましたが、この色調には、手術の際の緊張をやわらげる効果があることが分かり、医療に携(たずさ)わる医者や看護師、さらには患者にとっても、ちょっといい話となりました。

ちなみに、このような色の不思議にご興味をもたれた方は、以下の記事も併せてお読みになってみてください。

青い部屋は、ダイエットに効く? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1465.html
心拍数にまで好影響を与える色がある? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1463.html
黒いカバンは、白いカバンよりも1.87倍重く感じる? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1120.html
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
国会議事堂の出入りに必要なバッジは35種類?
虫歯があると、宇宙飛行士になれない?
飛行機のパイロットが帽子をかぶるのは、搭乗前に機体の外部点検をするため?
アルカリ電池とマンガン電池、それぞれの特徴は?
惑星探査機「はやぶさ」を支えたのは、太陽電池だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告