被害額の違いに立腹し、自首した泥棒がいた?
泥棒 空き巣

この不況下、「振り込め詐欺(オレオレ詐欺)」や窃盗事件の報道を見聞きするたびに被害金額の大きさに思いをやり、「あるところにはあるものだな」などと妙に感心している方も少なくないでしょう。

最近でこそ、キャッシュレス時代とかいって、現金は手元におかない主義、なんていえば納得してもらえるようになりましたが、昭和23年当時では、現金が手元にないイコールお金がないというイメージでした。

本当は、奪われたお金は1200円だった(それでも、当時としては大金)のですが、たったそれっぽっちしかお金がなかったの、などといわれたくありません。
そこで被害者は、「被害額は3000円だった」と、偽りの届けを出してしまったのです。

この気持ち、ちょっと分かるような気がしますが、腹がおさまらないのは、当のドロボー。
新聞報道によれば、自分は3000円も盗みを働いたことになります。
どう考えても、納得がいきません。

ドロボーは、ついに自首を決意。
警察の取調室で、盗んだ金額を正確に述べて、この見栄っ張りな被害者に報復(ほうふく)したといいます。

被害者の何気ないウソの”申告”が、このドロボーにとっては”深刻”なことだったのですね。【><】
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「石狩沼田幌新事件」とは?
カラオケ番組に出て捕まった、ドジな泥棒?
牛は6人では運べない?
暗示にかかって死んだ死刑囚?
ゴーストップ事件とは?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告