惑星探査機「はやぶさ」を支えたのは、太陽電池だった?
小惑星探査機 はやぶさ
写真は、こちらからお借りしました。

2010年6月13日に、7年ぶりに地球への帰還(きかん)を果たした小惑星探査機(しょうわくせいたんさき)「はやぶさ」。

「はやぶさ」は、2003年5月9日に打ち上げられてから約2年半という長期航行(ちょうきこうこう)を経て、小惑星「イトカワ」に到着し、着陸に成功しました。
そして、イトカワのサンプルを採取して地球に帰還(きかん)。
日本で最も有名な惑星探査機となりました。

さて、そんな「はやぶさ」などの惑星探査機や、人工衛星を支えているのが太陽電池です。

地球を出発して軌道(きどう)に乗った惑星探査機や人工衛星は、調査や観測のために長期にわたって宇宙に滞在します。
その間、電子機器などを動かすために必要な電気は太陽エネルギーを使用しますが、同時に軌道上で広げた「太陽電池パドル」で太陽光を電気に変換し、バッテリーに蓄えています。

この太陽電池があるお蔭で、重い燃料を搭載する必要がないのです。

ボク 寝るワン
「何か話が難しいワン、ボク寝るワン」

ちなみに、「はやぶさ」という名前は、小惑星のサンプル採取が、着地と離陸のわずか1秒ほどの間にすばやく行なわれる様子を、ハヤブサに見立てて命名されたものです。
命名時には、他にも候補として、かつて東京から西鹿児島を走っていた「特急はやぶさ」や、鹿児島県の地名でもある「隼人(はやと)」、そして「ATOM(あとむ)」というものもありました。

が、協議の際、「最近の科学衛星は『はるか』とかおとなしい感じの名前や、3文字の名前が多いので、濁点も入った勇壮な『はやぶさ』も良い」、また、「『ATOM』は語意の原子から原子爆弾が連想される」として却下(きゃっか)され、結局「はやぶさ」が採用されました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「LCX」とは?
キラキラネームの元祖は、あの森鴎外だった?
ブラックボックスは何色?
キツツキなら、スペースシャトルに穴をあけることができる?
有名人でなくても、大型書店のサイン会で行列ができる理由は?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告