甘いみかんを見分けるワザとは?
みかん

冬になって、寒さが厳しくなってくると、コタツに入って食べたくなるのがみかん。
そのみかんですが、同じ箱に入っていたみかんなのに、ときどき、特に甘いみかんに当たることがありますよね?

通常は、食べてみるまで分からない、この「当たり」のみかんですが、実は、食べる前に、甘いみかんかどうかを見分けるワザがあります。

そのワザとは、

“みかんの房(ふさ)の軸の太さを見る!”

です。

このように書くと、

「え? そんなところを見るの?」

と、あなたはお思いになるでしょう。
はい。ここを見ると、そのみかんが甘いかどうか、ひと目で分かってしまうのです。

みかんが甘いかどうかを、判別(はんべつ)したいときに見るところは、みかんの上についている房です。
この房の中に軸があるのですが、その軸が細いみかんの方が、より甘いです。

みかんの 房の軸

普段じっくり見ない場所なので、軸の太さに差なんてあるの? と思ってしまいます。
が、よ~く見ると、軸の太いみかんと細いみかんがあることがお分りになるでしょう。

箱買いしたみかんで食べ比べをしてみると、よく分かります。
中には、軸が太くても、甘くて美味しいブランドもありますが、軸が細いみかんは、より甘いはずです。
実際、糖度を測定してみると、2~3度の違いが出ることもあります。

それでは、何故こんなに差が出るのでしょうか?

それは、

“房にある軸は、みかんの水分の通り道!”

だからです。

みかんの房にある軸は、茎からみかんを切り取った跡です。
みかんは、成長する際、茎を通ってみかんに水分が運ばれていきます。
ということは、茎の太いみかんは、それだけ水分が多くなります。
一見、水分が多いのは良いことのように思えますが、”水分が多くなると甘さが薄められてしまう”のです。

それでは、同じ1本のみかんの木なのに、ひとつひとつのみかんの茎の太さに差が出るのは何故なのでしょうか?

これは、そのみかんが、どのような向きになっていたかによります。
上向きになったみかんは軸が太く、下向きになったみかんは軸が細いです。
そして実際、同じ木になったみかんでも、下向きのみかんほど糖度が高いという結果が出ています。

みかんの木に なる みかん

このワザは、スーパーや八百屋などでみかんを買うときだけでなく、みかん狩りのときにも役立ちます。
みかん狩りに行くことがある方は、次回からはなるべく下向きのみかんを採(と)るようにしましょう!

参考にしたサイト
甘いみかんを見分ける方法 |専門家のやり方
http://yarikata.jp/blog-entry-419.html#more
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ホイップクリームを素早く作るには?
下水の臭いを取るには?
短時間で、正座による足のしびれをとる方法とは?
ものもらいを治すには?
ジャムを作るときに、レモン汁を入れるのは何故?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告