将棋の「歩」の裏にある「と」の正体は?
将棋の 駒

将棋では、王将と金将以外の駒(こま)は、敵陣に入ると裏返って「成り駒」となり、動きが変わります。
たとえば、歩兵(ふひょう)であれば、敵軍に入ると「と金」になり、金将と同じ動き方になります。

ところで、この成り駒の字は「崩(くずし)字」と呼ばれる書体で書かれていることが多いのですが、たとえば、歩兵の成り駒に書かれた「と」というのは、一体何のことなのでしょうか?

と金 成り駒

これには、諸説あります。
ひとつは、最初はきちんと「金」と書いていましたが、歩兵の数がやたら多いため、いちいち「金」と書くのが面倒になり、金の字を崩していった結果「と」になったという説です。

他には、金と同じ読みの「今」を当てたのですが、これが「と」に似ていたため、「と」と書かれるようになったという説もあります。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
パンダの消化器は、実は笹を食べるのに適していない?
60歳以上でも臓器提供者(ドナー)になれる?
昆虫は、死ぬと何故あお向けになる?
「ピークシフト自販機」とは?
1気圧はどのくらいの重さ?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告