ハイヒールを流行らせたのは、フランスのルイ14世だった?
ハイヒール

ハイヒールの起源は、中央アジアの騎馬民族(きばみんぞく)の靴にあるとされていますが、現在のハイヒールの原型は17世紀に登場しました。

太陽王と呼ばれたフランスのルイ14世(1638年 - 1715年)は、身長が160センチほどだったため、その背の低さをカバーするために、好んでハイヒールを履(は)いていました。
そしてこれが、当時のファッションリーダーだった男性貴族にも愛用され、流行するようになりました。

また、この時代のフランス・パリには、下水道がありませんでした。
そのため、道路は糞尿(ふんにょう)とゴミであふれ返っていました。
この状況はいっこうに改善されず、19世紀の半ばになって、ナポレオン3世の時代になるまで、200年以上も続くことになります。

「ベルサイユのばら」の舞台となった18世紀のパリは、ウンコだらけだった? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1285.html

このような背景の中で、街にあふれる汚物を踏まないようにするためにも、ハイヒールは必需品(ひつじゅひん)だったといわれています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
月の土地は1200坪、3000円程度で購入できる?
相撲の土俵のサイズは、どのように決まった?
なんと、「オジサン」という名前の魚がいる?
門松は、何故斜めの切り口なのか?
「スープの冷めない距離」は2キロまで?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告