チューインガムは、古代マヤ人が発明したものだった?
メキシコパレンケの マヤ遺跡

日本には、1916年(大正5年)に初めて輸入されたチューンガムですが、その起源は西暦300年頃まで遡(さかのぼ)ります。

その頃、メキシコ南部のユカタン半島で、マヤ文明が栄えていました。
マヤの住人たちは、口の中の衛生を保つため、サポディラと呼ばれる、巨木(きょぼく)から採った樹液を煮詰めた「チクル」を噛む習慣がありました。
これが、チューインガムのルーツとされます。

その後、マヤ文明は衰退(すいたい)しましたが、このチクルを噛む習慣はメキシコ・インディオに受け継がれました。
そして、16世紀にスペインがこの地を征服すると、スペイン系移民の間へと広まっていったのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ハワイでは、赤信号でも右折できる?
バンジージャンプの「バンジー」とはどういう意味?
トレンチコートの意外な用途?
日本で、次の皆既日食が見られるのはいつ?
ネコは、何故ネコ背なのか?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告