献血が、いつもいつも呼びかけられているのは何故?
献血 赤十字

街中や学校などで、よく献血(けんけつ)を呼びかけている人の姿を目にします。
輸血用の血液が不足することはないとは聞きますが、このように、日常的に献血への協力を呼びかけているのは一体何故なのでしょうか?

その最大の理由は、血液の「有効期限」にあります。

献血から作られる輸血用血液には、いくつかの種類があり、出血防止に必要な血中酸素を取り出した「血漿(けっしょう)製剤」は、採血後1年間保存ができますが、外科手術の出血時などに使われる「赤血球製剤」は、採血後21日間しか保存できません。

献血の 模様

そのため、有効期限の短い血液製剤を常に確保するために、継続的に献血への協力を呼びかける必要があるのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ホットドッグの中身は、ダックスフント?
「市中引き回し」とは?
オリンピックを初めて「五輪」と呼んだのは誰?
レンコンには、何故穴がある?
乳牛は、一年間連続して乳を搾れる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告