パンダの消化器は、実は笹を食べるのに適していない?
ジャイアント パンダ

ジャイアントパンダといえば、笹や竹をムシャムシャ食べるイメージがあります。

確かに、ジャイアントパンダは、1日14時間で最大12.5キロもの笹や竹を食べているのですが、これらの摂取量(せっしゅりょう)のうち消化できる量は、わずか17%にすぎません。

米国微生物学会の論文によれば、ジャイアントパンダは、その祖先である雑食性のクマの腸内バクテリアを保持しており、ほかの草食動物が繊維質の植物を効率よく分解するための消化器をもっているのに対して、パンダの消化器は典型的な肉食動物のものであるといいます。

草食動物と肉食動物の違いのひとつは、その腸の長さに見られます。
たとえば、草食動物である馬は、約40メートルの長さの腸をもっています。
これに対して、パンダの腸は約6メートル。
肉食動物であるライオンと、それほど変わりがありません。

パンダは、もとももクマのような肉を好む雑食性でしたが、その後、笹や竹を食べるようになりました。
しかしながら、消化器は草食に適した状態になっていないのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
マンホールの蓋は、何故円い?
ツムジの流れは、何で決まる?
塩分が不足すると、何故人間は生きていけない?
ポイントカードで、文字が書き換えられる仕組みは?
ハイヒールを流行らせたのは、フランスのルイ14世だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告