「雨がっぱ」と「河童」は、まったく関係がない?
合羽 レインコート

雨の日に重宝するレインコート。
日本語では、「かっぱ」「雨がっぱ」と呼ばれます。

かっぱと聞くと、雨や水のイメージから、頭のてっぺんにお皿がある伝説上の「河童(かっぱ)」と何か関係がありそうに思えます。

河童
河童

実は、雨の日に着る「かっぱ」の方は、漢字で書くと「合羽」で、もとはポルトガル語の「カパ(capa)」の当て字でした。

日本に合羽が登場するのは、16世紀後半のことです。
織田信長や豊臣秀吉などの当時の有力者たちは、ポルトガル人が着ていたカパを真似て、羊毛布地で同様のものを作らせました。
そして、これを「カッパ」「カッハ」などと称し、権威の象徴としていました。

江戸時代中期以降には、木綿合羽や、紙に桐油(とうゆ)などを塗った紙の合羽が登場。
明治の末になると、ゴム引きの防水マントもでき、現在のようにカッパ、雨ガッパなどと呼ばれるようになったのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
青柳は、何故「バカ貝」と呼ばれる?
ソムリエが首からさげている”灰皿”の正体は?
「根回し」という言葉は、実は3年もかけて行なうものだった?
相撲の土俵のサイズは、どのように決まった?
リカちゃん人形の靴は、舐めると苦いって本当?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)