録音した自分の声が、違った声に聞こえるのは何故?
声 マイク 録音

ICレコーダーなどに録音した自分の声を聞くと、いつも聞いている自分の声と違って聞こえます。
これは、一体何故なのでしょうか?

その理由は、「音の聞こえ方」に原因があります。

通常のは、空気を通して耳の穴に入ると、鼓膜の奥にある内耳(ないじ)で電気信号に変わり、脳に伝えられます。
一方自分の声は、頭蓋骨(ずがいこつ)も直接響いて内耳に届くため、外に発する声よりも響きのある声に聞こえます。

また、空気を通して伝わる音は、低音が減衰(げんすい)しやすいですが、頭蓋骨に直接響いた音は、逆に低音が強調されます。
そのため、より落ち着いた音になって聞こえるのです。

その結果、録音した声は、いつも聞いている自分の声とは異なって聞こえてしまうのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「石に蒲団は着せられぬ」とは?
おかきとせんべいの違いは?
4桁のナンバープレートの真ん中にある「-」が、3桁にはないのは何故?
細胞を生きたまま封じ込めるCAS冷凍とは?
競走馬は、何故骨折すると殺されてしまう?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告