オリンピックを初めて「五輪」と呼んだのは誰?
オリンピック 五輪

オリンピック」が、最初に「五輪」と表記されたのは、1936年(昭和11年)のことです。
この表記を考えたのは、運動記者としてオリンピック報道に携(たずさ)わっていた、読売新聞記者の川本信正(かわもと のぶまさ、1907年~1996年)です。

新聞の見出しに掲載(けいさい)する際、「オリンピック」は6文字で、新聞の見出しには長いため、どうにか略せないかという相談を受けた川本氏は、「国際運動」「国際運競」などと考えるなか、5つの輪がシンボルマークだったことから「五輪大会」という言葉を思いついたといいます。

『以前から五大陸を示すオリンピックマークからイメージしていた言葉と、剣豪(けんごう)宮本武蔵の著「五輪書」を思い出し、とっさに「五輪」とメモして見せたら、早速翌日の新聞に使われた。(「朝日新聞」1996.06.18 p.23)』

実際、同年8月6日付の読売新聞には、「五輪の聖火に首都再建」という見出しが躍(おど)り、この「五輪」という言葉は、その後オリンピックという言葉と並んで、広く使われるようになっていきました。

参考にしたサイト
「五輪」の生みの親 | 飯間浩明のことばのページ
http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/k980820.htm
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「杮落し」とは?
飛行機雲は、どうしてできる?
掛け算の記号は、何故「×」になったか?
海苔にも裏表がある?
日本人初の女性ドライバーは誰?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告