ティッシュペーパーは、何故トイレに流さない方が良いのか?
ティッシュペーパー

ティッシュペーパーとトイレットペーパー。
この2つは、パルプの溶解(ようかい)から乾燥まで、ほぼ同じ条件で製造されています。
が、ティッシュペーパーの方は水に溶けにくく、トイレットペーパーの方は水に溶けやすくなっています。

これは何故かといえば、ティッシュペーパーには湿潤紙力増強剤(しつじゅんしりょくぞうきょうざい、=繊維と繊維を結合させる樹脂)を配合することで、耐水強度を上げているのに対し、トイレットペーパーの方には代わりに澱粉(でんぷん)を配合することで、繊維をほぐれやすくしてあるからです。

なので、トイレの詰まりを避けるためにも、それぞれ用途に応じて使い分けることが望ましいです。

参考にしたサイト
紙についての豆知識|ハヤシ商事株式会社
http://www.tissue.co.jp/knowledge.htm
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ワサビの「ツーン!」を一瞬で消すには?
ガス代を節約するには?
生卵かゆで卵か、割らずに見分けるには?
ギャンブルで破産しないためのコツとは?
間違いなく友人の借金を断る方法とは?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告