「アメリカンコーヒー」は、”薄いコーヒー”ではない?
アメリカン コーヒー

「アメリカンコーヒー」というのは、コーヒーにお湯や水を足して、薄くしたコーヒーのことだと思っていらっしゃる方が多いようです。

が、それは違います。

確かに、アメリカンコーヒーは色が薄く、紅茶と間違えるような色合いをしています。
しかし、アメリカンコーヒーというのは、そもそも「薄いコーヒー」ではなく、「浅煎(あさい)りにしたコーヒー」、つまりコーヒーの焙煎(ばいせん)の仕方を指しているのです。

コーヒーの生豆は黄緑色で、煎られることによって色が濃くなっていきます。
深煎りにすれば、苦味が増して濃厚(のうこう)な味わいになりますが、逆に、浅煎りにすると酸味と香りが引き立ち、さっぱりとした風味になります。

そのため、アメリカンコーヒーは大変飲みやすいですが、意外なことに、カフェインは実は多めです。

何故かといえば、カフェインは、焙煎を深くするほど減っていきます。
焙煎が浅いと、カフェインが多く残ることになるのです。

参考にしたサイト
アメリカンコーヒーが”薄~い”本当の理由!
https://matome.naver.jp/odai/2135798967469373901
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
日本一短い駅名は?
「宇宙ゴミ」とは?
女性が口紅を塗る、意外な意味とは?
日本人が一生の間に食べる量は?
江戸時代の「初鰹」の値段は、月給並みだった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告