ネット上で、破られやすい最も危険なパスワードは「123456」だった?
インターネット パスワード

パスワード管理アプリを提供するアメリカのスプラッシュ・データ社が、2015年の1年間に流失したパスワードを分析して、パソコンを使ったインターネット上における「最悪のパスワード」を発表しました。

それによれば、破られやすい、最も危険なパスワードは「123456」で、これに2位「password」、3位「12345678」、4位「qwerty」と続きました。

qwerty」というのは、キーボード上のアルファベットの最上段を、左から右へ順番に打っただけのものですが、いずれにしても、流失したパスワードには数字の安易な羅列(られつ)や、分かりやすい言葉が目立つのが特徴です。

しかも、驚くべきことに、なんと1位と2位は、その前年の2014年とまったく同じだったといいます。

それでは、以上のことをもふまえて、破られにくいパスワードとするためには、どのようなことに留意(りゅうい)したら良いのでしょうか?

調査会社は、パスワードは12文字以上とし、なおかつ数字と文字とを組み合わせる、そして、同じパスワードを使いまわさないことなどを推奨(すいしょう)しています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「不甲斐無い(ふがいない)」は、竹取物語から生まれた言葉?
青信号は、実は「進め」という意味ではなかった?
ウルトラマンよりも早く地球にやってきたヒーローがいた?
串だんごは、何故4個刺さっている?
日本で、裏白のお札が発行されたことがある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告