敬老の日は、もともと「としよりの日」だった?

敬老の日 としよりの日

国民の祝日のひとつである「敬老の日」。
この祝日は、もともと9月15日でした。
が、2003年(平成15年)から、9月の第3月曜日に定められました。

さて、「敬老の日」の始まりは、1947年(昭和22年)まで遡(さかのぼ)ります。
当時、兵庫県野間谷村(のまたにむら、現:多可町(たかちょう))で、「老人を大切にしよう」をスローガンに敬老行事が開催されました。

そして、この行事をきっかけに、1950年(昭和25年)には農作業が忙しくない9月中旬の15日が「としよりの日」と定められたのです。

以後、この運動は全国へと広まっていき、1963年(昭和38年)に「老人の日」が制定され、1966年(昭和41年)になると、現在の「敬老の日」に改められ、国民の祝日となりました。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
江戸時代から、「飲み水を買う」習慣があった?
「働きバチ」は、あまり働かない?
かつてキャラメルは、禁煙のための大人のお菓子だった?
「乳化剤」とは?
ハゲワシの頭は、何故ハゲている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告