宇宙に行くと、身長が伸びる?
身長 測定

人間の背骨は、頚椎(けいつい)7本、胸椎(きょうつい)12本、腰椎(ようつい)5本の合計24本の骨が、軟骨をクッションにしてつながっています。

そして、身長を測定する際には、通常直立した姿勢で行ないますが、地球上には重力があるので、このとき、それぞれの骨の継(つ)ぎ目が圧縮された状態で測定することになります。

ところが、宇宙空間で身長を測定する場合には、宇宙には重力がないので、骨の継ぎ目が圧縮されず、その結果数センチほど身長が高くなります。
宇宙飛行士の中には、7センチ以上も身長が伸びた人がいたそうです。

ちなみに、別に宇宙に行かなくとも、夜寝ているときには背骨は伸びています。
朝起きたとき、昼間よりも身長がいくぶん高いのはそのためです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「吾輩は猫である」のネコは、どうやって死んだ?
新渡戸稲造は、お金には無頓着だった?
缶詰は、発明された当時、ハンマーと鑿(のみ)であけていた?
「LCX」とは?
イヤな時間はなかなか過ぎないって本当?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告