紙幣を定規代わりに使う「裏技」とは?
紙幣 定規代わり

外出先やお店などで、定規(じょうぎ)を持っていないために、モノの長さが測れずに困った経験はないでしょうか?
実は、そんなときは、あなたの財布の中に入っている硬貨や紙幣を使えば、長さを測ることができます。

まず、硬貨ですが、1円玉は直径が2センチ、5円玉の穴の直径が5ミリです。
紙幣の方は、1000円札の横幅が15センチ、1万円札の横幅が16センチです。

ということは、1000円札を3つに折れば5センチになりますし、1万円札を2つに折れば8センチ、4つに折れば4センチになります。
また、1000円札と1万円札を、片側を揃(そろ)えて並べれば、その差は1センチとなります。

これだけでも、5ミリ、1センチ、2センチ、4センチ、8センチ、15センチ、16センチの長さがピッタリと測れるのです。

ちなみに、官製ハガキの横幅は10センチです。

あなたの身近なところにも、定規はあるのです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
二日酔いには、やはりシジミの味噌汁が効く?
すいかを真っ二つに切るには?
紙幣を定規代わりに使う「裏技」とは?
車酔いを防ぐには?
借用書を書かせる確実な方法とは?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告