皇族には、何故苗字がないのか?
皇居の松と大手町
皇居の松と大手町

今上(きんじょう)天皇(現在の天皇陛下)のお名前は「明仁(あきひと)」で、皇后陛下は「美智子」です。
通常、日本人の名前は、「(苗字)」+名前」となっていますが、両陛下とも、お名前に「姓」に当たる部分がありません。

これは、何故なのでしょうか?

その理由は、日本の皇室が2000年以上続いていることに由来しています。
日本には、古来数百もの豪族(ごうぞく)が犇(ひしめ)いていましたが、その頂点に立ったのが今の天皇家でした。

当時、天皇家に従う証(あかし)として、豪族には曾我(そが)、物部(もののべ)、大伴(おおとも)といった氏族を表わす姓が与えられました。
が、これには、皇族(こうぞく)と公家(くげ)を区別するという意味も含まれていました。

皇族に姓がないのは、権力の頂点にいる天皇には姓名を与える上位者が存在せず、また、そもそも区別する必要がなかったからなのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
モデルハウスは、展示が終わると分解して別の場所に組み立てられる?
「松・竹・梅」は、そもそも優劣を表わす言葉ではなかった?
クリームパンがグローブ形をしているのは何故?
鳥は、何故電線や枝にとまったまま、眠ることができる?
牛の4つの胃袋の名前は?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告