ロダン作の世界的名作「考える人」は、実は何も考えていない?
ロダン 考える人
考える人 ロダン

19世紀を代表するフランスの彫刻家・オーギュスト・ロダン(Francois-Auguste-Rene Rodin、1840年 - 1917年)の最も有名な作品といえば、「考える人(Le Penseur)」です。
が、このブロンズ像は、何かを考えている姿ではありません。

この像はもともと、「地獄の門」という大作の一部で、その中で、「考える人」は地獄の入り口に落ちていく罪人たちを見下ろしているのだといいます。

考え事をしている風の赤ちゃん
考え事をしている風の赤ちゃん

そもそも、この「考える人」というタイトルは、ロダン本人がつけたものではありません。
ロダンの死後、鋳造家(ちゅうぞうか)リュディエがつけたものです。

1888年に、この像が「地獄の門」から切り離され、デンマークのコペンハーゲンで初公開されたときのタイトルは、「詩人」でした。
が、次の発表時には、「詩人―考える人」になったといいます。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
キラキラネームの元祖は、あの森鴎外だった?
「クラウドコンピューティング」とは?
「おくの細道」の松尾芭蕉と忍者・服部半蔵は同一人物だった?
「黙秘」して、何も言わなかったらどうなる?
日本で2番目に高い山は何?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告