海苔を売る店で、お茶も扱っているのは何故?
海苔

不思議なことに、海苔(のり)を専門に扱っているお店に行くと、たいていはお茶も置いてあります。
海苔とお茶という、まるで関連性がなさそうな商品なのに、この2つが一緒に売られているのは何故なのでしょうか?

その理由は、単純明快です。
両者は、管理法がほぼ同じなのです。

海苔もお茶も、湿気が大敵。
常に、乾燥したところに置いておかなければなりません。
くわえて、香りを守るために、管理温度を低めに設定し、直射日光を避けるといったことも考慮(こうりょ)する必要があります。

その他、ビジネス上の理由もあります。
海苔の仕入れ時期は11~3月頃で、お茶の仕入れ時期は4~10月頃です。
つまり、途切れることなく、1年中仕入れと販売ができるというメリットがあるのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
クマは冬眠中、一度もトイレに起きない?
華氏から摂氏、摂氏から華氏への変換方法は?
アメリカで、テニスをヒントにして生まれたスポーツは何?
「スーパームーン」とは?
ビタミンB3、B4もある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告