最後の出演者を「トリ」と呼ぶのは何故?
紅白歌合戦 大晦日

NHK紅白歌合戦で、最後に出演する歌手を「トリ」といいます。
その争いが意識されるようになったのは、1961年(昭和36年)の第12回紅白歌合戦のときで、白組の三波春夫と紅組の島倉千代子がトリを飾ったのが始まりといわれています。

この「トリ」というのは、もともとは落語や講談(こうだん)、浪曲などの一座で、その日の最後の席をつとめる人を指します。
戦前の寄席(よせ)においては、最後の出演者がその日の売り上げをまとめて受け取り、ほかの演者に給料として配分していました。

そして、このように、売り上げを「トル」ことが、「トリ」の由来になったといわれています。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ギザギザのある10円玉と、ツルツルの10円玉がある?
自動車のタイヤと飛行機のタイヤの違いは?
「杮落し」とは?
おしっこで歯を磨くと白くなる?
えっ? レモンの酸っぱさは、ビタミンCによるものではなかった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告