CDの12センチというサイズは、ベートーベンの「第九」基準で決まった?
オーケストラ 交響楽団

CD、DVD、ブルーレイなどの光学式ディスクは、直径がすべて12センチです。
が、実はこのサイズに決まったのは、CDが開発される際、ベートーベンの「第九(交響曲第九番)」を完全に収録するためでした。

当初、日本のソニーとCDを開発していたオランダの電機メーカー・フィリップスは、直径11.5センチで、記録時間が60分のディスクを提案していました。

11.5センチという寸法は、一見半端な感じがしますが、これは当時主流だったカセットテープの対角線の長さと同じで、なおかつ、このサイズにすると、最大でぴったり60分の音楽が記録できるというところから出てきたものでした。

しかしながら、当時ソニーの副社長だった大賀典雄(おおが のりお)氏が、「これでは、ベートーベンの交響曲第九番「合唱」が完全に収録できず、2枚組みになってしまう。そうなると、値段が高くなって売れない」と主張。
演奏時間74分の第九が入る、直径12センチで、記録時間が75分のディスクを提案しました。

かくして採用された12センチサイズのCDは、その後世界規格となり、DVDやブルーレイディスクなどの直径にも引き継がれていったのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
名車マスタングは、寄せ集め部品でつくられた?
Vサインは、チャーチルの専売特許?
虫歯の「虫」の正体は?
えっ! 乾杯は毒殺防止から始まった?
ラムネが庶民に広がったきっかけは、コレラ騒動から?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告