お年玉を入れる袋の「ポチ」の正体は?
お年玉袋 ポチ袋

除夜の鐘が鳴り終わると、お正月
そして、お正月を迎え、子供たちが待ち焦がれるものといえば、お年玉ですね。

しかしながら、最近では、お金を入れて渡す袋を、「お年玉袋」ではなく「ポチ袋」と呼ぶ人が増えてきています。

この「ポチ」というのは、一体どこから来た言葉なのでしょうか?

ポチ袋の「ポチ」は、関西弁の「ぼちぼち(ポチポチ)」に由来する言葉です。
意味は、「少しだけ」です。

祝儀袋(しゅうぎぶくろ)ほど大袈裟(おおげさ)ではなく、旅館や料亭(りょうてい)で働く人に、お客が感謝の気持ちを込めて、気軽に少額のお金を渡す際に入れる袋として、明治時代に生み出されたのがこの袋なのです。

ポチ」の語源に関しては、他に、フランス語の“プチ”から来ているという説や、“ポーチ”から来ているとする説もあります。
が、江戸時代には、既に「ポチ袋」と呼ばれていたという記述があるため、この説は時代的に考えて不自然なようです。

ちなみに、同じく「ポチ」のつく言葉に「これっぽっち」がありますが、こちらも同語源です。
語源・由来
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「懐石料理」の語源は?
「たら腹食べる」のたらは、魚の鱈(たら)が語源?
モスバーガーの「モス」の意味は?
「上戸」、「下戸」は税金の言葉からきた?
「贔屓」の語源は?

広告

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告