バンドエイドは、妻思いの優しい夫によって発明された?-バンドエイド誕生秘話
バンドエイド

絆創膏(ばんそうこう)にガーゼパッドがあらかじめついていて、怪我をしたときに、そばにあれば大変便利な「バンドエイド」。
この「バンドエイド」は、どのようなきっかけで生まれたのでしょうか?

「バンドエイド」は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)の商標で、1920年にアメリカで生まれました。
当時、同社の社員であった28歳のアール・E・ディクソンは、妻のジョセフィーヌが非常に不器用で、彼女が台所に立つたびに、火傷(やけど)や切り傷を負うことに頭を悩ませていました。

彼はその都度、妻の指にガーゼと粘着テープで手当てをしてあげていましたが、自分がいないときのことを考え、妻が1人でも手当てできる包帯を作ろうと思い立ちました。
そこで考えついたのが、テープと包帯を合体させた救急絆創膏です。

そしてこれが、「バンドエイド」の原型になったのです。

初めて製品化された「バンドエイド」は、幅9センチ、長さ54センチの、必要に応じて切って使うものでしたが、その後、今のような形態に改良されました。
そして、ついには、ジョンソン・エンド・ジョンソンの創業以来、最も大きな売り上げをあげる製品となりました。

なお、考案者のアール・E・ディクソンは、その功績を認められ、1929年に同社の取締役となり、1932年から1957年までは、副社長を務めました。

参考にしたサイト
ジョンソン・エンド・ジョンソン 100年史 第18話 | ジョンソン・エンド・ジョンソン
http://www.jnj.co.jp/group/history/18/index.html
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「濃縮果汁還元」とは?
弱者か強者かは、目の位置で分かる?
「白色脂肪細胞」とは?
「ローマは一日にして成らず」の出典は?
女性は一体、何人の子供を産める?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告