演奏に、18時間以上かかる曲があるって本当?
エリック・サティー
エリック・サティー
写真は、こちらからお借りしました。

「ジムノペティー(Gymnopedies)」を初めとする、流麗(りゅうれい)で心地よい音楽を生んだフランスの作曲家・エリック・サティー(Erik Alfred Leslie Satie、1866年 - 1925年)。
一方でエリック・サティーには、「異邦人(いほうじん)」「変人」などと呼ばれる一面もあり、風変わりな曲を残したことでも有名です。

そして、その代表的な曲が「ヴェクサシオン(Vexations)」です。

この曲は、世界一長い曲としてギネスブックにも載っているもので、最後まで演奏すると、なんと、18時間以上かかります。
それほどの長い曲であるならば、楽譜の方は一体何百ページくらいあるのだろうと思いきや、こちらは、なんと、たったの1ページ。

ヴェクサシオン」は、拍子記号も小節線もない譜面に並んだ52小節分の音を、840回リピートするように指示されています。
あわせて、テンポの指示も「非常に遅く」となっています。

そのため、1回弾くのに1分半ほどかかってしまいます。
しかもこれを、840回繰り返すのです!

「ヴェクサシオン」の楽譜
ヴェクサシオン エリック・サティー 楽譜
写真は、こちらからお借りしました。

ちなみに、この曲のタイトルである「ヴェクサシオン」とは、「嫌がらせ」「癪(しゃく)の種」という意味です。
確かに、演奏する側から見れば、これほどの長い曲は、文字通り、嫌がらせ以外の何ものでもないかも知れません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ドラマで、未成年者がタバコを吸うのは法律違反?
自由の女神のモデルはアラブ人だった?
ウインカーが点滅する速さは、緊張気味の人間の脈拍数と同じ?
石焼きイモ屋のイモは、何故家庭で作るよりも甘い?
盲導犬に命令するとき、何故英語を使う?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告