神社で拍手を打つ、そもそもの意味は?
拍手

神社に行くと、お賽銭(さいせん)を入れて、「パンパン!」と2度手を打ち、礼拝(れいはい)をします。
2度礼をして、2度手を打ち、最後に礼をする「二拝二拍手一拝(にはい にはくしゅ いっぱい)」が正式な作法です。

さて、この手を打つ動作を「拍手(かしわで)」といいますが、そもそも、これは何のためにするのでしょうか?

拍手は「魂振(たまふり)」とも呼ばれ、音を立てることによって「お参りに来ました」「これからお参りします」という合図を送り、様を呼び出すためとされています。
そして、招き寄せた神様と自分の魂を互いに振り動かし、祝福する儀式(ぎしき)なのです。


ちなみに、拍手(はくしゅ)と書いて、何故「かしわで」と読むのでしょうか?
これは、拍手の「拍」の字を「柏」と見誤った、あるいは混同したためというのが通説となっています。

【拍手と書いて、何故「かしわで」と読む?】
拍手と書いて、何故「かしわで」と読む?

その他の説としては、手を合わせたときの形が柏(かしわ)の葉に似ているからというもの、また、古代日本の宮中の料理人である「膳夫(かしわで)」が行なったからというものもあります。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
お札に人物像が使われるのは何故?
白目が大きい人は、頭が良い?
ローマ貴族たちは、バカバカしいほどの贅沢をしていた?
右手で招く猫と、左手で招く猫がいる?
赤味噌と白味噌の違いは、どこから生まれる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告