ゴミ収集車は、ゴミを押しつぶして小さくしていた?
ゴミ収集車

作業員が、車の後ろにある投入口にゴミを入れると、回転板が回って、ゴミを中に押し込んでいくゴミ収集車。
このゴミ収集車の中身は、一体どうなっているのでしょうか?

ゴミ収集車には、さまざまな種類がありますが、主に燃えるゴミの収集に利用されているのは「クリーンパッカー方式」の収集車です。
この方式の収集車は、後部に回転板が2枚配置され、これらが組み合わさって回転することで、ゴミを奥へと押し込みます。

この回転板は、回転する際に、ゴミを押しつぶして小さくしています。
2トン車ベースの収集車が1回に積載(せきさい)できるゴミの量は、およそ1トン~1.5トンで、これは45リットルのゴミ袋の約900個分に相当します。

そして、収集を終えてゴミ処理場に戻ると、今度は詰め込んできたゴミを、車の内部にある排出版で押し出すのです。

「クリーンパッカー」以外の方式で、街中でよく目にするのが、「プロスレーダー方式」のゴミ収集車です。
この方式の収集車は、ゴミをホッパー内で破砕(はさい)・圧縮(あっしゅく)して、強制押出板に押しつけ、再度圧縮を行ないながら収集していくため、圧縮能力が高いのが特徴です。

その圧縮率の高さから、この方式の収集車は、粗大ゴミの収集などに利用されています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
無声映画の弁士は、総理大臣よりも偉かった?
宇宙飛行士を悩ませる「宇宙酔い」とは?
カラスは何故黒い?- 神話や昔話などの中に見るその理由
ハンカチは、何故正方形?
カラスは、何故かかしの正体を見破ってしまう?-その意外な理由

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告