「松・竹・梅」は、そもそも優劣を表わす言葉ではなかった?
松竹梅

そば屋や寿司屋などで、よく「松」「竹」「梅」に分けられたメニューを見ます。
多くの場合、値段の高い順に松・・梅となっていますが、中には、逆の順番になっているところもあります。
が、実はもともと、これらの言葉は、順序や等級の優劣(ゆうれつ)を表わすものではありませんでした。

「松・竹・梅」という言葉は、中国で3つの画題(がだい、=絵の題名、絵のテーマ)を指す「歳寒三友(さいかんさんゆう)」に由来します。

歳寒三友というのは、「冬の寒い季節に友とすべき3つのもの」という意味です。
松と竹は、冬の寒さに耐えて緑を保ち、梅は美しい花を咲かせることから、この3つはめでたいものとされていたのです。

そして、これが日本に伝わったのは平安時代のことですが、順序や等級の優劣を表わす言葉として使われるようになったのは、比較的最近のことです。

「松・竹・梅」は、3つ合わせて意味があります。
そもそも、どれが上でどれが下というものではなく、どれも平等なのです。

平等が 好きな ネコ
「フニャー! なんというか、やっぱり平等が一番だニャー」

それでは何故、「松・竹・梅」は、現在のような意味に変わってしまったのでしょうか?
これに関しては、いくつかの説があります。

1.松は冬も青々としていることから不老長寿(ふろうちょうじゅ)を示す縁起の良い木として尊ばれ、新年を寿(ことほ)ぐ飾り=門松となった(平安時代)。時代を追うにつれ、松同様に冬も青い竹(室町時代)、冬に花咲く梅(江戸時代)が門松の部品に加わった。「松竹梅」表記順は、この時系列によるもの

2.寿司屋のメニューの「松・竹・梅」は、もともと「特上・上・並」だったが、値段の安い「並」でも頼みやすいようにとの配慮(はいりょ)から、縁起ものに言い換えたのが始まり。そのため、梅を高くしている店もあり、正確にどっちが上かは決まっていない。

3.結婚式の三々九度(さんさんくど)で、三回に分けて飲む杯を順に「松」「竹」「梅」という。それで、その順にめでたいとされるようになった

参考にしたサイト
知っているようで あまり知らない「松竹梅」の意味。その順番にあまり意味はないって本当なの? - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138901304588311001
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
カレイやヒラメは、何故寄り目?
大名行列は、人目がないところでは走っていた?
浮く便と沈む便があるのは何故?
「石に蒲団は着せられぬ」とは?
ビルの窓ガラスに貼ってある、赤い三角形のマークは何?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告