え? 壁をはうカタツムリは、コンクリートを食べている?
壁を はう カタツムリ

カタツムリ(蝸牛)は、陸貝という、陸に棲息(せいそく)する貝の仲間です。
基本的に、貝がないものを「ナメクジ」、貝があるものを「カタツムリ」と呼んでいます。
日本で一般にカタツムリと呼ばれるものとしては、オナジマイマイ科やニッポンマイマイ科の種類が代表的なものです。

さて、カタツムリの殻(から)は、生まれたときからついていますが、これを大きくするためには、たくさんのカルシウムが必要となります。
そこでカタツムリは、捨てられた貝殻や、死んだ仲間のカタツムリの殻など、さまざまなものからカルシウムを摂取(せっしゅ)しています。

皆さんは、雨の日などに、コンクリートのをはっているカタツムリを見たことがあるかと思います。
実は、カタツムリは、これらの壁からも、カルシウムを摂取しています。

カルシウムは、カタツムリにとって補給(ほきゅう)が難しく、個体数の制限要因ともなり得る、貴重な資源(しげん)なのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
お祈りは、何故手を合わせる?
「定礎」とは?
花火は、ポルトガル人によって伝えられた?
新幹線は、東京から北京までを結ぶ壮大な計画から始まった?
トレンチコートの意外な用途?

広告

雑学 | Comments(3) |
コメント
カタツムリって
貝なかったらナメクジなんですね!
知らなかった。。。

super源さんの雑学読ませていただきます!
| 2016-10-24 月 14:59:56
Re:カタツムリって
インフォ猫さん、こんばんは。v-410
コメント、ありがとうございます。

そうなんです。
というより、実は私も知りませんでした。(爆)

ちなみに、カタツムリにエサをあげると、殻が成長していきます。
一方、ナメクジは、いくらエサを上げてもナメクジのままで、殻ができることはありません。【><】

これが、カタツムリとナメクジの最大の違いですね。(^^)

ありがとうございます。
これからも、面白い話題を取り上げていきますので、良かったらどうぞまたいらして下さいね。v-522
| 2016-10-25 火 21:44:22
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016-10-26 水 03:20:33
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告