鼻をつまんで食べると、味が分からなくなるのは何故?
味 味覚

私たちが何か物を食べているとき、味覚を感じているのは、舌にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる味の受容体です。
しかしながら、人間はこの器官だけでなく、さまざまな感覚を使って味を判断しています。

実は、で感じられる味覚の解析度(かいせきど)は、それほど高くありません。
むしろ、舌よりも鼻(嗅覚)の方が、主に味覚を支配しており、その割合は2対8といわれます。

食べ物を口に入れると、その匂いは、鼻とのどがつながった構造になっているために、鼻の後ろ側にある「後鼻孔(こうびこう)」から伝わってきます。
ところが、鼻をつまむと、鼻孔内の空気が入れ替わらないために、食べ物の匂いが感じられず、どんな味なのか判断できなくなってしまうのです。

鼻は、味覚の判断に、実は重要な役割を果たしていたのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
正月に御節料理を食べる意味は?
九十九里浜は、本当に九十九里ある?
同じ便のパイロットたちは、同じ料理を食べることができない?
酸素のない宇宙で、太陽は何故燃えることができる?
ガソリンスタンドの屋根は、何故あんなに高い?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告