自動販売機の硬貨投入口に、縦型と横型があるのは何故?
自動販売機

自動販売機の硬貨投入口には、縦型のものと横型のものとがあります。
これは、何故なのでしょうか?

結論を先に書けば、これらは用途によって使い分けられています。

硬貨を斜面に置いたとき、横に置くよりも縦に置いた方が早く下に落ちます。
そのため、駅の切符販売機など、スピードが要求される自動販売機には、縦型の硬貨投入口が採用されています。

一方、ジュースなどの飲み物の自動販売機には、横型の硬貨投入口が採用されています。
これは、縦型よりも横型の方が、硬貨の識別装置が小さくて済むためで、横型にすることにより、自動販売機が省スペース化できるとともに、商品をより多くストックすることが可能となります。

このように、縦型の硬貨投入口は「スピード重視」、横型は「スペース重視」と、目的に合わせた使い分けがされているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「クラウドコンピューティング」とは?
「孫の手」は、もともと「仙女の手」だった?
百円ライターを真ん中で仕切っている壁は何?
ジョギングの創始者・ジェームス・フィックスは、ジョギング中に死んだ?
サウナは、何故100℃のお湯でもやけどをしない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告