超高層ビルの最上階には、振り子がある?
高層ビル

近年では、大都市圏ばかりでなく、その近郊にも高層ビルが建設されるなど、都市部の高層化が進んでいますが、それと同時に、制振装置(せいしんそうち)も進化しています。

高さ300m級のビルの場合、風速40mのが吹くと、最上階部分は10cmほど横揺れします。
この揺れを防ぐために、超高速ビルの屋上部分には、振り子型の制振装置が取り付けられています。

そして、ビルが揺れると、コンピューター制御によって、振り子がビルの動きとは反対方向に振れて、その揺れを抑えるのです。

高層ビル 揺れ制御 原理
写真は、こちらからお借りしました。

この装置のおかげで、風速40mの風が吹いても、揺れを3cmほどに抑えることができるといいます。

なお、この装置は、もちろん風による揺ればかりでなく、地震のときにも有効です。
雑学 豆知識

広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
サクラには、本当に客寄せ効果がある?
フグは、海にいるのに何故「河豚」と書く?
赤ちゃんも夢を見る?
宇宙空間では、人は風邪をひかない?
え? 壁をはうカタツムリは、コンクリートを食べている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告