「山車」は、何故「だし」と読む?
山車 だし

神社の祭礼のときに引く、種々の飾り物をつけた屋台を山車(だし)といいますが、何故「だし」と読むのでしょうか?

「だし」というのは「出しもの」の意で、祭りに招き寄せる神の依代(よりしろ)(神座(かみくら))として、その中心の鉾(ほこ)の先に突き出した、編み残しの竹を垂らした籠(かご)を「出し」といったことに由来します。

山車は、東日本では山車、屋台、西日本では笠鉾(かさほこ)、山笠、山鉾、楽車(だんじり)(車楽、地車、壇尻、段尻とも書く)、曳山(ひきやま)などと呼ぶことが多いです。

山車の古い形は、平安時代の文献に見える大嘗祭(だいじょうさい)の標山(しめやま)に見られます。
標山というのは、神の標めた(し・めた、=占有・領有した)山という意味で、神を標山に招き寄せて、神泉苑(しんせんえん)から宮中の祭場まで引いてきます。

神泉苑(京都市中京区にある真言宗の寺院)
神泉苑 寺院 京都市中京区
写真は、こちらからお借りしました。

この移動式神座の形式は、中世になると風流(ふりゅう)化され、京都市東山区の八坂神社(やさかじんじゃ)で行なわれる祇園祭(ぎおんまつり)の山鉾のように、風流の飾り物を美しく仕立てて華美(かび)になりました。

祇園祭(京都)
祇園祭 京都

そして近世になると、この祇園祭の山鉾をモデルとした山車が地方都市に普及し、全国的に行なわれるようになったのです。

参考にしたサイト
山車(だし)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/山車-93227
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
乳飲料のパッケージに良く書かれている「生乳」は、牛乳とは違う?
ネット上で、破られやすい最も危険なパスワードは「123456」だった?
飛行機は全面禁煙だが、灰皿がないと離陸できない?
お茶碗一杯分のお米は、稲穂何本分?
4のマジック?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告