心拍数にまで好影響を与える色がある?
色 カラーサンプル

そのときどきの気分や感情を、色にたとえることがあります。
たとえば、うれしいときは「バラ色の気分」、落ち込んでいるときは「ブルーな気分」等です。

このように、人は、に対して特定のイメージをもっています。
そしてそのイメージは、人間の精神に作用し、快・不快の印象をもたらすばかりでなく、身体にも影響を与えることがあります。

こう書くと、一時期話題になった「赤パン健康法」を思い出す方もいらっしゃるかも知れません。
実際、「赤いパンツをはくと健康に良い」というこの話は、元をたどれば東洋医学に行くつくもので、ゲンかつぎや迷信では片付けられず、それなりの効果が期待できるようです。

また、「緑が目に良い」という通説も良く知られています。
これは、目が疲れたときなどに、遠くにある緑の山々を眺めると、目が休まるということですが、これも緑のもつ「安らぎ」のイメージが、精神を沈静(ちんせい)させることを考えると、十分に納得のいく説です。

実際、緑が身体に及ぼす影響を、科学的に検証した以下のような実験もあります。

これは、被験者に3分間、踏み台昇降運動をさせるものなのですが、

1.周囲を緑で囲まれた木の下
2.遠方に緑がある芝生の広場
3.欅(けやき)並木
4.わずかに街路樹が見える交差点

と、4ヶ所の違った環境の中で行なわれました。

その結果、おもしろいことが分かりました。

緑がもっとも多い1の環境で行なわれたときに、心拍数の回復がもっとも早く、また持久率も平均値の1.6倍になることが分かったのです。

こうした、緑のもつパワーを考えると、緑の少ない都会で、人々がイライラしている光景にしょっちゅう出くわすのは、不思議でもなんでもないことに思えます。

都会 東京タワー

参考にしたサイト
赤パン健康法の起源と効果
http://genkiryokup.com/mainhp/kenkou/color/category3/entry5.html
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
男性にも、更年期障害はある?
「耳かき」のフサフサの部分の名前は何?
「二十世紀ナシ」は、二十一世紀になったら「二十一世紀ナシ」になる?
「中華料理」と「中国料理」の違いは?
車のナンバーは、何を表わしている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告