電子レンジのドアに貼られた網の役割は何?
電子レンジ

電子レンジは、1947年にはじめて製品化されましたが、それ以後、瞬く間に世界中に広がり、忙しい私たちの食生活を助けてくれる便利グッズとなりました。

電子レンジは、現在でも毎年のように新製品が発売され、デザインも洗練されてきていますが、ただ一点、昔と変わっていない不便なところがあります。
それは、ドアの窓に網(あみ)が貼ってあり、中が見づらいという点です。

この網は、一体何のために貼られているのでしょうか?

実はこの網は、電子レンジで使用しているマイクロ波が、外に漏れるのを防ぐために貼られています。
ドアを透明にすると、マイクロ波が外に漏れ出し、人体に悪影響を及ぼす危険性があります。
そのため、マイクロ波の波長よりも小さな穴をあけた鉄の板を、ドアの窓に貼っているのです。

かつては、ドアの内側には穴のあいていない鉄板が貼られており、中の様子はまったく見えなかったといいます。
少し見えるだけでも、ありがたいと思うべきなのでしょう。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
日本一短い駅名は?
「BMI」とは?
イヤな時間はなかなか過ぎないって本当?
バラには、何故トゲがある?
明治時代の学校では、折り紙を教えていた?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告