蛍光色が目立つのは、たくさんの光を反射しているからだった?
蛍光ペン 蛍光色

蛍光ペンで書かれた文字、時計の文字盤、そして交通整理員の衣服など、日常のさまざまな場面で目にする「蛍光色」。
蛍光色は、普通のペンやサインペン等で書かれた一般的な文字とは違う特殊な見え方をして、人の目を引きます。

蛍光色が、このようにとりわけ目立つのは何故なのでしょうか?

そもそも、というのは、光が反射することによって、私たちの目に「色」として認識されます。
一般的な色の場合には、可視光線(かしこうせん)だけを反射していますが、蛍光色の場合には、「それ以上の光」を反射しています。
そのため、蛍光色は明度(めいど)、彩度(さいど)ともに高く、それでより明るく見えるのです。

が、「それ以上の光」というのは、一体どういうことなのでしょうか?

蛍光色の中には、「蛍光体」という物質が含まれています。
この蛍光体は、私たち人間の目には見えない、紫外線などの光線を、可視光線に変える働きがあります。
そして、それらの光を放出します。
その光量は、可視光線の約2倍に及びます。

つまり、蛍光色は、一般的な色の約3倍の光を放出しているため、明るく、目だって見えるのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
人間は、水だけでどのくらい生きられる?
オリンピックを初めて「五輪」と呼んだのは誰?
「生きている化石」と呼ばれる魚は何?
サンタクロースは、盗賊の守り神だった?
「高血圧」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告