日本茶の湯のみに、取っ手がないのは何故?
湯のみ

コーヒーカップ、ティーカップ、マグカップなど、温かい飲み物を入れる食器には、通常取っ手がついています。
が、日本茶を飲む湯のみにはついていません。

これは何故なのでしょうか?

これは、日本茶を飲む際に、湯のみをそのまま手で持つことで、お茶の温度を確認するためだといわれています。

多くの日本茶は、60℃前後が飲み頃とされています。
お茶を湯のみにつぐと、湯のみには厚みがあるので、湯のみの外側は、当然内側よりも少し低い温度となります。

そしてもしも、つがれたお茶が適切な温度であれば、持ち手には、人肌(ひとはだ)程度の温度として感じられます。

そのため、轆轤(ろくろ)を使って陶器(とうき)や磁器(じき)などの焼き物を作る陶芸(とうげい)の世界では、お茶の飲み頃が分かるように作るのが、匠(たくみ)の技とされているということです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
髪の毛が一番良く伸びる時間帯はいつ?
「指きりげんまん」は、嘘をつくと針1000本飲まされるだけでなく、さらに1万回殴られる?
オールステンレスの包丁には、手術用メスの技術が応用されていた?
セーラー服の襟は、何のためにある?
同じ道なのに、帰り道の方が短く感じられるのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告