手品で使うハトは、何故いつも白い?
手品師 ハト

黒いシルクハットからパッ!とハトが出てくる手品では、よく神社などでみかける色のついたハト(土鳩)よりも、白いハトの方がコントラストが鮮やかで、見栄(みば)えがします。

白いハトが使われるのは、まさにそのためなのですが、実は、その理由はほかにもあります。
その理由とは、”手品師が服の中に隠しておくのに都合が良いため”です。

あの白いハトは、ギンバトといって、他のハトよりも体が小さいのです。
それにもかかわらず、羽を広げたときに、普通のハトと同じ大きさに見えるのです。

くわえて、ギンバトは非常におとなしいため、手品を円滑(えんかつ)に進めることができます。
いわば、手品師ご用達のハトというわけです。

が、それにしても、何故あんなに長時間、じっとしていることができるのでしょうか?

それは、ハトに限らず、には仰向けにされるとおとなしくなる性質があります。
それを利用しているのです。

もちろん、雛(ひな)のときから大切に育てて仕込んでいるハトだからこそ、失敗なくできることはいうまでもありません。
ハトを使った手品は、愛情があってこそ成功するものでしょう。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
オナラも地球温暖化の原因?
トビの、羽ばたかずに飛べるカタチとは?
「浦島太郎」の主人公が助けたカメは、アカウミガメのメス?
闘牛士の振る赤い布で、牛は本当に興奮する?
不可能といわれた「青いバラ」を作ったのは、サントリーだった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告