「旬」って何?
旬の 野菜

春・夏・秋・冬と、季節の移り変わりがはっきりしている日本では、それぞれの季節においしいものや美しいものがあり、その季節のまっさかりのものを旬(しゅん)のものといいます。

それでは、この「」という言葉は、どこからきたのでしょうか?

もともと、旬というのは旬(じゅん)のことです。
そうです。1ヶ月を10日ずつ3つに分けて、上旬・中旬・下旬という、あの旬です。

例えば、冬においしくなる野菜や魚、その中でも特においしさのヤマは10日間ぐらいだということから、旬という言葉が生まれたのです。
昔の料理は、1旬ごとにそれぞれ旬のものを使って、献立(こんだて)を変えるのを原則としたようです。

野菜や花など、土に根づいたものには収穫期がありますので、旬といったら、たくさん出回って、安く新鮮なものを手に入れられる時期と考えて良いでしょう。

秋の 収穫野菜

なので、一昔前までは、旬のものというのは貴重で飛びついたものです。

しかしながら、野菜や花の温室栽培、魚の養殖(ようしょく)などによって、食べ物が季節を問わずいつでも手に入るようになった現在では、この旬のありがたみというのは薄れてきているようです。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
年増の米もよみがえる、おいしい炊き方とは?
クーラーの効き過ぎた屋内では、黒い服よりも白い服を着ると冷えない?
うろ覚えや、綴りの分からない英単語のスペルを簡単に調べるには?
ギャンブルで破産しないためのコツとは?
「酒風呂」で全身がポカポカになる?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告