ハチミツ1ビンを作るには、400匹のミツバチが必要だった?
ミツバチ

ミツバチは、花から花へと飛び回って、花の蜜(みつ)を集め、1滴ごとに体の中の蜜袋(みつぶくろ)に貯蔵します。
蜜袋からは、酵素(こうそ)を含む分泌液(ぶんぴつえき)が出るので、蜜の味が少し変わります。

こうして、ミツバチは集めた蜜をに持ち帰り、貯蔵します。
そして、貯蔵している間に、約4倍に濃縮(のうしゅく)されて、2キログラムの花の蜜が500グラムのハチミツになります。

ところで皆さん、ミツバチはどのくらい生きるのかご存知ですか?

ミツバチは、冬には6ヶ月くらい生きられますが、夏には4~6週間しか生きられません。
夏の間に集めることができる花の蜜は、せいぜい小さじ1杯、5グラムほどです。

そうすると、1ビン500グラムのハチミツを作るためには、400匹のミツバチが必要という計算になります。

ハチミツ

このように考えると、私たちが何気なく口にしているハチミツも、本当は貴重な食べ物なのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ワーグナーの「結婚行進曲」は、実は別れの曲?
「スバル」は日本語?
鼻をつまんで食べると、味が分からなくなるのは何故?
なんと、「オジサン」という名前の魚がいる?
「浦島太郎」の主人公が助けたカメは、アカウミガメのメス?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告