「ローボールテクニック」とは?-OKを出させたら条件を吊り上げる、ズルいテクニック
お願い ローボールテクニック

ローボール・テクニック(Law-ball Technique)とは、最初に手を出しやすい条件を示して、相手にOKを出させたら、条件を吊り上げるというものです。
日本では「承諾先取要請法(しょうだくさくきどりようせいほう)」とも呼ばれています。

ローボール(取りやすい玉)を最初に投げて、好条件だと思わせて承諾を得た後に、その条件を吊(つ)り上げてしまうという、ちょっとズルいやり方です。

これは、面倒な仕事の依頼や、借金の申し込みなど、頼みにくいことを相手にお願いするときに有効なテクニックです。
逆にいえば、無理な頼みごとをされないためにも、このテクニックについて知っておいたほうが良いでしょう。

人は、1度でもYESと答えてその話に乗ってしまうと、「1度OKしたことをいまさら断るのはみっともない」「断るためにまた交渉するのも面倒」などと考えてしまいます。

すると、逆戻りすることができなくなり、それ以降、出された頼みごとにもNOといいづらくなってしまいます。
最初にYESといわせることが重要なのです。

「ローボールテクニック」の具体的な例としては、以下のようなものがあります。

■お店で
店頭の張り紙:『本日セールでバナナが30円!』
お客:(安ーい。買っちゃおう)「これください」
店員:「すみません。30円で売っているのは、店頭のワゴンに乗っているものだけなんです。こちらは100円になりますがよろしいですか?」
お客: (えぇっ。でももう持ってきちゃったし…)「はい…」

■9時からのチャンネル権
あなた:「チョコレートあげるから9時から好きな番組見ていい?」
相手: 「いいよ」
あなた:「あっ。このチョコレート賞味期限切れてたー。チョコないけどいい?」
相手: 「…いいよ」

このテクニックを使ううえで、注意しなければならないことがあります。
それは、相手に騙(だま)されたと思わせないことです。

最初の例では、どこかにはっきりと、セール中なのはあのワゴンの上のみと書かれている必要があります。
2番目の例では、チョコレートの賞味期限切れを、本当に今知ったのだと相手に信じ込ませる演技力が必要です。

いずれにしても、このテクニックを使って頼みごとをする場合は、少なからず相手を騙すことになります。
頼まれた側の気持ちを考えたら、このテクニックはあまり頻繁には使わない方が良いでしょう。
でないと、信用されなくなってしまいます。

参考にしたサイト
心理学で学ぶ頼み方③ ローボール・テクニック - ズボランド
http://www.zuboland.net/life/sociability/tanomikata/lowball.html
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
借用書を書かせる確実な方法とは?
年増の米もよみがえる、おいしい炊き方とは?
長電話を如才なく切る方法は?
ギョーザの皮とシューマイの皮の違いは?
読めない漢字を簡単に調べるには?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告