抗菌グッズは、菌の好き嫌いを利用していた?
抗菌まな板

抗菌タオル、抗菌歯ブラシ、抗菌まな板など、「抗菌(こうきん)」をうたったグッズが多数販売され、人気を集めています。
が、そもそも抗菌とはどういうことなのでしょうか?

経済産業省の「抗菌加工製品ガイドライン」によれば、「抗菌加工した当該製品の表面における細菌の増殖(ぞうしょく)を抑制(よくせい)すること」と定義されています。
したがって、抗菌と書かれていても、菌を減らしたり、殺したりする効果は期待できず、菌が繁殖しにくいという効果があるだけなのです。

さて、抗菌グッズは、抗菌作用のある物質を素材に混ぜ込んだり、化学反応で結合させたりすることで製造されており、抗菌剤を使う方法と金属を使う方法が有名です。

抗菌剤を使う方は、細菌の生命機能を乱したり、破壊したりするもので、緑茶の成分であるカテキンが有名です。
他方の金属を使う方は、銅、銀、チタンなどがよく利用されています。
細菌には、これらの金属を嫌う性質があるため、この性質を生かして、金属を直接使ったり、その化合物やイオンを散りばめることで抗菌効果を出しているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「パイ」と「鵲(かささぎ)」の意外な関係とは?
緊張すると、トイレが近くなるのは何故?
水引き結びに隠された意味とは?
電子メールで使われる「@」のルーツは、英語の「at」ではなく、古代ギリシャの素焼きのツボ「amphora」の頭文字?
赤ちゃんは、眠くなると、何故手のひらが温かくなる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告