BSとCSは、ほぼ同じものだった?
衛星放送

テレビやブルーレイレコーダーなどのリモコンには、「地デジ」「BS」「CS」というボタンがついていますが、このうち「BS」と「CS」は、衛星放送のことを指しているのはご存知のことと思います。

さて、BSは放送衛星、CSは通信衛星の略ですが、位置や周波数、出力等の前提としての違いを除けば、両者に違いはありません。

海外では、BSとCSの違いはありませんが、日本では法律で通信と放送を厳密に区別しているため、BSは不特定多数の視聴者が受信できる「放送」を目的とする衛星、CSは企業など特定の相手に情報を送る「通信」を目的とする衛星と定義づけられました。

しかしながら、”1992年に放送法が改正され、CSも「放送」に利用できることになったため、BSとCSの区別は事実上なくなっているのです”。

衛星放送を 観るオヤジ
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「アイシング」とは?
電力量計は、「アラゴの円板」の原理を利用している?
2つの県にまたがる珍しいホテルがある?
船の名前の最後には、何故「丸」がつく?
円周率暗唱の世界記録保持者は誰?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告