撥水スプレーは、フライパンと同じ構造だった?
撥水 スプレー

、服、靴などにシューッ!と吹きかけると、水や汚れを防いでくれる便利な「撥水(はっすい)スプレー」。
このスプレーの主成分となる撥水剤にはさまざまな種類がありますが、傘や服にかける撥水剤の多くには、フッソ樹脂が含まれています。

”フッソ樹脂は、非常に安定した物質で、他の物質と作用しないため、水がなじむことなく弾(はじ)かれてしまうのです”。

撥水スプレーから噴出された撥水剤は、吹きつけられたものの表面に、うぶ毛のように付着します。
この撥水剤の分子は、整然と表面に並び、水をはじくのです。

しかしながら、この分子の並びに乱れが生じると、そこから水が浸入してしまいます。
撥水性が弱まってきたときには、再び撥水スプレーを吹きかけて、分子の並びを整えてやる必要があります。

フッソ樹脂は、撥水スプレーの他、フライパンや鍋などの表面加工にも使われていますが、これも同様にフッソ樹脂が他の物質と作用しない性質を利用したものです。
フッソ樹脂が、こげついたりこびりついたりするのを防いでいるのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「出羽三山」とは?
赤ちゃんは、眠くなると、何故手のひらが温かくなる?
トラックは、何故左回り?
空は、何故丸く見える?
「うだつが上がらない」のうだつって、何のこと?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告